先輩の胸に飛び込めなかった那須野です。
今日は入院してみて気が付いた病室あるあるを描きます。

CamScanner 03-29-2021 12.21_7

CamScanner 03-29-2021 12.21_8


看護師側だとわかる事情だけど、患者側だと「なんで?」と気になってしまうかもしれない病棟内の騒音。

1コマ目:心電図のアラーム音が大きくなる
「ピコーン」「プップッ」→ちょっと不整脈とかでてますよ
「カーンカーン!」→放っておくと危ないレベルの不整脈ですよ看護師気づいて!

2コマ目:ナースコールが大音量で聞こえる
1分以上ナースコールに出ていないと音量が大きくなり「はやくナースコール出なさい!!」の合図。
うちの職場では基本その勤務帯の担当看護師が患者のナースコールをとることになっていますが他の患者のトイレ介助や検査出しなどですぐに出れない場合があります。
その場合は他の看護師が出るのですが皆同じ状況になっているとあっという間に1分経過。

3コマ目:患者さんの声
患者さんの咳やせん妄での奇声などしょうがないとわかっているけど人によっては寝ているところを妨げられるなど騒音と感じてしまう人もいます。
そういう場合は咳を出している患者さんも出したくて出しているわけでないし、患者(ときにはその家族)も心苦しく思っていると相手側の立場になって考えてあげてください。
それでも我慢ならないときは看護師や看護師長に相談を。部屋が空いていればですが別室へ移動させてもらえることも(あとは料金がかかるけれど個室希望をするなど)。

4コマ目:大体犯人は看護師や医師。
お見舞いに来た人が別の患者のドアノックしたことに開ける前に気づいた!ということもあるけれど、大体は看護師が患者の部屋を1個隣と間違えてノック(以下略)が多い。
患者側になると「なんで入ってこないんだ?廊下を確認したけど誰もいない!ホラー?!」と感じる。
ここを見た看護師のあなた、部屋を間違えてノックしたときは一言「すみません、隣と間違えました」と声をかけるようにしましょう(…やらかしているのはうちの病棟だけでしょうか)。



次回も閑話。見舞いに来てくれたひとについて。