新規ドキュメント 2020-03-17 17.25.52_2(2)

 「癌だから」と自暴自棄になって仕事を辞める人がいますが、癌治療はお金も時間もかかります。入院して個室なんて入った日には一月で一ヶ月分の給料が翔んでいきます(実際そうでした)。
 健康保険に加入していれば高額医療費制度があるから多少はましですが、それでも最低でも半年間(入院治療期間)少なくない金額を払います。「癌=死」ではなく、治療後も外来で経過観察受診をしながら生きていくので先立つものは必要です。

 新しい就職先を探すことになったとき「また初めから」というのは体力も気力もつかいますし、再発の危険を考えると重労働や夜勤などは避けたいなど選ぶ会社の幅が狭まるでしょう。

 元々働いていた職場が重労働の仕事をしたり夜勤がある場所でも、上司と相談し病気休暇をとって辞めないことをおすすめします。治療が一段落ついたら軽作業やデスクワーク、時短勤務など調整してもらい体力がついてから徐々に業務量を増やしてもらえばいいのです。

 なので、告知を受けたからと絶望せず、会社には必ず「治療が終わったら復帰します」と意思をしっかり伝えましょう。

今後のことを上司と話し終わったので
お家に帰るよ。