前回のあらすじ:「俺の戦いはいま始まったばかりだ(ドン!)」

涙をぬぐい、少しの不安を胸に血液感染症内科に転床しました。

CamScanner 06-18-2021 15.37_7

CamScanner 06-18-2021 15.37_8



転床後の患者としてのイベントは医師からの治療説明と看護師からの情報収集だけで、そのほかはすべてお見舞いでした。

(やはりこの病棟も忙しいのか日勤終了30分前まで看護師が来なかった)

前からお見舞いの約束をしていた友達もいれば
友人から「面会今日まででその後は1年くらい会えなくなるかもしれませんよ!」と言われて急いでお見舞いに来た大学の教授まで(大学病院なので隣に大学があって、こようと思えば10分ぐらいで来れる)。

病棟移動してからはお見舞いが怒涛すぎて寂しい気持ちも吹き飛ばされました。

面会時間ギリギリまで友達がいてくれてありがたかったです。

反動で友達が帰った後の病室は静かでちょっと心細かったり。



次回、面会時間終わる前に来てくれた友達(血液感染症内科勤務の同期)からの一言